【キングスレイド】レウィシアは強いのか?仲間にするか迷っている方へ

レウィシア。

可愛いですよね。

私ももりもり使ってます。

しかし、このレウィシア。

運用に少しコツというか、ある条件下で光る英雄なのです。

キングスレイドを始められたばかりの方で、レウィシアを仲間にしたい!そもそもレウィシアって強いの? かわいい?といった疑問を少しでも解消できればと思い記事にしてみました。(かわいいのは見ればわかると思いますが)

そんな方々の後押しをしてレウィシア地獄(天国?)へ誘えれば、これ幸いかと存じます。

ということで今回はレウィシアについて私なりにまとめてみました。

あくまで私個人の意見となりますので、ご参考までにご一読ください。

既に取得されている方は、その強さと可愛さを存分に堪能するとよいでしょう。

 

2018年12月31日まで日本サーバーではレウィシア、レクィナ、ミリアンヌのいずれかを選択する英雄チケットが配布されています。

日本サーバーではミリアンヌは全員配布対象(2018年12月31日まで)のため、実質レウィシア、レクィナの2択です。

 

スポンサーリンク

レウィシアは強いのか?

私なりに実際レウィシアを使用してみて感想です。

レウィシアは長期戦でその強さを発揮する英雄です。

エンジンがかかるまで時間がかかってしまいますが、条件さえ整えば高火力を出し続けるため、高DPSが期待できる英雄です。

長時間戦うことになる戦闘でレウィシアは大いに活躍できます。

逆に短時間戦闘ではその特性を活かしきれないことが多いです。

適性のある条件下であれば、レウィシアは爆発的な強さを発揮するでしょう。

順を追ってレウィシアの強さを引き出す方法を説明していきたいと思います。

 

レウィシアはどんな英雄?

基本情報
クラス属性ウィザード
攻撃属性魔法属性
戦闘位置後衛

レウィシアはクラス ウィザードの英雄です。

攻撃属性が魔法属性のため魔法PTに組み込むと良い仕事をします。

被魔法ダメージの増加、魔法防御力を減少させるなどのスキルを持っているため、他の魔法攻撃を使うディーラーと一緒にPTに入れても役に立つと思います。

種族がヴァンパイアというだけあって、スキルもそれらの特色が出ているものばかりです。

 

レウィシアのみが持つ3種類の外見

他のキャラは覚醒時に衣装の色、見た目が変化しますがレウィシアは唯一、姿形が変わります。

レウィシアは覚醒をすることにより、星3で幼女星4で少女星5で大人の3種類の姿に変貌を遂げるのです。

これはレウィシアのみが持つユニークな特性です。

気分により衣装だけではなく年齢、見た目も変更できる唯一の存在です。

1人で3人分のアバターを持つ贅沢な英雄、それがレウィシアです。

制作者のレウィシア愛を感じます。

1粒で2度おいしいどころか3キャラ分です。

お得!!

 

レウィシアのスキル 

レウィシアのスキルは以下の通りです。(数値はスキルレベル最大まで上げたものです)

スキル1

スキル名必要MPスキル効果
血の球体1[CT 8秒] 対象の敵に、993428の魔法ダメージを与え、さらに10秒間、被魔法ダメージを25%増加させます。血の呪い1スタックにつき、対象へのダメージが0.5%増加します。使用時、現在HPの10%を消費します。
特性習得
ダメージ量が10%増加します。
ダメージ量が15%増加します。
ダメージ量が25%増加します。

スキル2

スキル名必要MPスキル効果
血の地帯3[CT 20秒] 対象の敵に、1159805の魔法ダメージを与え、さらに10秒間、対象周辺に血の地帯を生成します。血の地帯の上に立つ敵は、0.5秒ごとに83746の魔法ダメージを受け、魔法防御力が30%減少します。血の呪い1スタックにつき、対象へのダメージが0.5%増加します。使用時、現在HPの20%を消費します。
特性習得
ダメージ量が10%増加します。
ダメージ量が15%増加します。
ダメージ量が25%増加します。

スキル3

スキル名必要MPスキル効果
血の饗宴3[CT 12秒] 自分の前方にある直線範囲内の敵に、1019085の魔法ダメージを与え、3秒間、気絶状態にさせます。血の呪い1スタックにつき、対象へのダメージが0.5%増加します。使用時、現在HPの10%を消費します。
特性習得
ダメージ量が10%増加します。
ダメージ量が15%増加します。
ダメージ量が25%増加します。

スキル4

スキル名必要MPスキル効果
血の支配者自分のHPが50%以上の時、攻撃力が15594増加し、防御貫通力が250増加します。また、攻撃時、対象を血の呪い状態にさせ、20秒間、合計73060の魔法持続ダメージを与えます。さらに、血の呪い効果で与えたダメージ10%分、HPを回復します。血の呪いは最大100スタックまで重複され、解除はできません。
特性習得
ダメージ量が10%増加します。
ダメージ量が15%増加します。
ダメージ量が25%増加します。

読んでいくとお分かりいただけると思いますが、血の呪いというワードが目につきます。

この血の呪いがレウィシアの強さの源、本体といえるでしょう。

では血の呪いとは何か。

血の呪いは攻撃対象に与えるデバフの一種です。

1スタックごとに対象へのダメージが0.5%増加します。

そして最大100までスタックさせることができます。

レウィシアの力を最大限に引き出すには、この血の呪いスタックをどれだけ早く上限まで持っていくかで決まります。

しかし、これはデフォルトの状態です。

レウィシアはある超越特性をとることで、その上限を突破させることができます。(後述)

 

対象の魔法防御減少、被魔法ダメージ増加など魔法PTの火力発破材としての役目も果たせます。

また継続ダメージ系のスキルも多いので敵をじわじわ削るのに適しています。

それぞれのスキル使用時にHPが減少するため、スキル4のHP50%以上という条件を満たし続けるのが強さを引き出す秘訣です。

血の呪い効果でHPの回復も同時に行えるので、多少のHP減少は耐えられますが、スキル回転率のよい装備構成などにすると、その回転率が仇に成り兼ねませんので注意が必要です。

パフォーマンスを最大で保ち続けるには少し注意が必要ですが、恩恵の大きいスキルが多いです。

 

レウィシアに専用武器は必要か

レウィシアの強さを引き出すためには専用武器が必要です。

レウィシアの専用武器の効果から専用武器の必要性は他の英雄と比較しても高いように思えます。

紅の支配者 ドミニシアHPが50%以上の時、攻撃力が20%増加します。また、HPが50%以下のとき、被ダメージが10%減少します。

レウィシアの専用武器の効果はHPの状態でそれぞれ発現します。

スキル4 「血の支配者」の効力と同様に、HP50%以上を確保していれば常に20%分攻撃力が増した状態を維持できるため非常に強力な効果だと思います。

また保険としてHP50%以下になった時も、被ダメージが10%減少してくれるのはありがたいです。

火力を出す役目を担うレウィシアにとって、攻撃力の増加は必要不可欠です。

できるなら専用武器を用意したいところです。

 

レウィシアの専用宝物は何が良いのか

レウィシアの専用宝物の効果については下記の通りです。

赤き指輪スキル4[血の支配者]血の呪いのダメージが50%増加し、血の呪いが100個以上の敵を攻撃すると10秒間、自分の攻撃力が1%上昇します。攻撃力増加の効果は最大10スタックまで重複します。
古代の血スキル3[血の饗宴]ダメージ量が20%増加し、クリティカル時、MPを400回復します。
血色霧の術式スキル2[血の地帯]ダメージ量が20%増加し、効果の接続時間が2秒増加します。
古き銀杯スキル1[血の球体]ダメージが50%増加し、対象に血の呪いを5スタック重複させます。

レウィシアが高いDPSを出すには、より早く血の呪いスタックを貯めることが必要です。

そのため専用宝物「古き銀杯」をメインで装備した場合、スキル1を使用するたび、追加で血の呪いスタックが5貯まります。

スキル1はクールタイムも短く(8秒)回転率も良いです。

消費MPも1なので、隙あれば使用して血の呪いスタックを増やすのに適しています。

血の呪いスタックがレウィシアの強さの根幹です。

専用宝物「古き銀杯」による血の呪いスタックの重複は、その恩恵を授かるに十分な効果を発揮します。

 

※追記

アップデートによりスキル4の専用宝物「赤き血の指輪」が追加されました。

カタログスペックを見た私なりの感想となりますのでその点ご理解いただいたうえでお読みいただければ。

 

血の呪いによるダメージ効果は持続ダメージのため50%の増加は最終的には大きな数値に成り得ます。

HP回復効果にも50%の影響は出ると思われます。

血の呪いスタックが100以上に達した時点で攻撃力増加のバフが乗るという点もかなり強いと思います。

長期戦での起用が多いレウィシアとは相性の良い宝物だと思います。

 

より早くスタック上限に到達するには古き銀杯、スタック到達後により高いパフォーマンスを期待するなら赤き血の指輪と好みで分かれるのではないでしょうか。

同時に運用できれば・・・と思いますね。

 

レウィシアの超越特性は何をとればよいか

超越特性の取得の仕方は人によって様々です。

レウィシアの超越特性については、また別の機会で詳しく説明できればと思います。

ここでは簡単に説明させていただくことにします。

レウィシアはそのキャラクター、スキルの特性上、超越特性も長期戦が想定されたものが多いです。

その中で一つヤバい効果のヤツがいます。

 

レウィシアの持つヤバい超越特性、それは3超越特性 血の支配者[光]です。

レウィシアのパッシブスキルの血の支配者は通常では最大100スタックまでが限界です。

しかし、この超越特性を取得するとその上限が200まで上がります。

血の呪いは全てのスキルに影響を及ぼすため、この特性を取得するとどうなるか。

単純にすべての血の呪いスタックによるダメージ増加量が2倍になります。

スキル1、2、3いずれも、スタックが100の状態では対象へのダメージは50%が上限でした。

しかしスタック200まで上限が上がることにより100%まで引き上げられます。

恐ろしい効果です。

長期戦になりスタックが200まで到達した時、この特性は真価を発揮するでしょう。

 

レウィシアはどこで活躍できるのか

レウィシアは長期戦になる戦闘コンテンツで光ります

ワールドボス、ギルドレイドなどに適しているでしょう。

どちらもボスとして強力な敵が存在し、簡単には倒せません。(ワールドボスに至っては倒すことが目的ではなく殴ることが目的ですし。)

そのため設定された時間までフルで戦うことが多いため、血の呪いスタックを上限まで上げ切ることが可能となります。

自信が死なないことが大前提ですが、時間いっぱい戦い切れる戦力が整っているのであれば、レウィシアのポテンシャルを最大限まで引き出せるコンテンツと言えます。

 

レウィシアの弱いところ

レウィシアは長期で戦うことで最大限に力を発揮することができる英雄のため、短期戦はあまり得意ではありません

特にPVPなど短時間で勝負が決まることが多いコンテンツでは活躍することは難しいかもしれません。

レウィシアの長所である、血の呪いスタックが貯まり切る前に勝負が終わってしまいます。

同じくストーリーモードも3ステージ構成などロール式のため、スタックの問題で力を発揮し切るのが難しそうです。

 

レウィシアのスキルは使用するたびにHPを消費します。

場合によってはこれが死に直結することがありえます。

また、レウィシアのパッシブスキルはHPが50%以上の時に発動するため、このHP消費をうまく調整しないと最大限にパフォーマンスを発揮できません。

HP管理も視野に入れる必要があるため、慣れるまで運用は難しいかもしれません。

 

レウィシアの魅力を引き出す衣装

レウィシアの姿は自分の好みに合わせて選択できますが、実は衣装もその姿ごとに用意されています。

水着に限ってはすべての姿に合わせて用意されており、しかもデザインはすべて異なります。

まさに至れり尽くせり、隙がありません。

一部ではありますが紹介させていただきます。(欲しいけどチケットが・・・)

ビーチサイド 星3レウィシア

ビーチサイド 星4レウィシア

ビーチサイド 星5レウィシア

 

私は星4の少女姿が至高だと思います

当然異論は認めます。

グラマーな大人の方がいいに決まっているという方は星5の姿に変えられます。

気分次第で姿を変えて使用すればまた別の扉が開くかもしれません。

可能性の塊、それがレウィシアなのです。(大げさ)

レウィシアの活躍の場は限定的になってしまいがちですが、限定条件下での輝きは目を見張るものがあると思います。

今回この記事をお読みいただいたことで、1人でもレウィシア大好きっ子が増えることを願い、この記事を終了とさせていただきます。

ご閲覧ありがとうございました。

 

コメント