【アイギス】ユニットのコスト下げについて考えてみる

ユニットのコスト下限、皆様挑戦されておりますでしょうか。

各ユニット毎に決められた出撃コストが定められておりますが、アイギスではその出撃コストを下げることができるというのは皆さまご周知のとおりです。

 

出撃コストを下げることの利点は様々。

ユニットによっては早く場に出せることで、全体の展開を早めることができたり、コストが低いことで緊急時にブロックが間に合ったりと色々と良いこと尽くめです。

あと(限界値)って表示されるとかっこいい(小並感)

 

今回はユニットのコスト下げについてお話できればと思います。

よろしければお付き合い頂けますと幸いです。

 

 

スポンサーリンク

コスト下げの基礎知識

コストを下げる手段は2つ。

・同一ユニットを重ねる。

・絆聖霊を用いる

 

同一ユニット重ねについては、ガチャユニットで挑戦するとなると、石油王以外では血ゲロを吐くことになると考えられます。

そのため絆聖霊で下げることを念頭にお話しを進めさせていただきます。

 

コスト下げの確率

前提知識として、最初の1コストについては同一ユニット、絆聖霊のどちらを使用しても100%で下がります

2体目は50%、3体目以降は25%とコスト下げの段階が進んでいくたびに成功確率が低下していきます。

 

ガチャユニットはコスト-3で下限になるユニットが大半ですが、本当に確率25%なの!?と思えるくらいハマることがあるので、コスト下げは爆死しても平気という覚悟が完了したら望むようにしましょう。

ちなみに私は、最高で18体までは喰らったことがあります。

最後の方はもう修行僧の気分でした。

 

コスト下げに使用する聖霊について

コスト下げに使用するのは、絆聖霊というそれなりに貴重な聖霊です。

「絆」と書いてあるので激しくわかりやすいです。

 

絆聖霊とはユニットの出撃コストを下げることができ、レアリティ毎に該当の聖霊が用意されています。

最近では英傑専用の絆聖霊も登場しました。

 

入手方法はイベント報酬だったり、交流クエストを★3でクリアすることで貰えたりしますね。

それなりに育成が進まないと数を集める事ができないので、大事に大事に使いたい聖霊です。

 

 

確実にコストを下げたいのであれば、時の聖霊フルールを使うのが確実ですが、如何せんレア度が高いため頻発はできません。

1年に数体貰えれば御の字、交換所だと虹水晶1000個と、かなりお高いお方なのです。

大事にどころか、ここ一番のときに使いたい切り札です。

私はラストエリクサー症候群の気があるため、今まで一度も使ったことがありません。

 

 

これらの聖霊を駆使して、コストを下げたいユニットに投入していきます。

後はひたすらコストが下がることを祈るのみです。

フォンの音とともに、虚空に絆聖霊が消えていったとしても、奥歯を噛みしめて我慢します。

コストが下限になるまでは耐えるのみです。

 

絆聖霊はどのユニットに使うべき?

絆聖霊を使用していくにあたり、コストを下げることでより良い働きをする可能性が高いユニットを選定していきます。

 

一例として以下のような条件が考えられるのではないでしょうか。

1. 序盤に展開する可能性のあるユニット
2. コストを生成するユニット
3. 元のコストが低いユニット
4. 激しく強いユニット
5. 推しユニット

順番に考えていきたいと思います。

 

1. コストを生成するユニット

コストを下げるにあたり有効と考えられるのが、コストを生み出すことのできるユニットだと思われます。

マーチャントやソルジャーと言ったクラスが該当します。

 

これらのユニットは序盤に場に出すことが多く、コストを生成し続けることで戦線を構築する役割があるため、非常に重要なポジションです。

コスト生成役のクラスのコストを下げることで、より早い段階での自陣の構築が可能となり、全体的なパフォーマンスを大きく向上させることができるでしょう。

 

2. 序盤から展開でき、柱に成り得るユニット

ステージによっては、序盤の手持ちコストが少ない状態にもかかわらず、敵が拠点めがけて猛突撃してくるような鬼畜ステージもあります。

如何に強いユニットを揃えていたとしても、コストが高く場に出す前に敵に抜けられてしまっては意味がありません。

 

それなりに強く、それなりのコストで、場に置いた後も居座って敵を削り続けられるようなユニットのコストを下げることが望ましいでしょう。

 

3、元のコストが低いユニット

もともとの出撃コストが低いユニットのコストを下げることで、より場に出しやすくなります。

ユニットによっては、出撃コストを下げられるユニットとの併用でコスト0で場に出せるユニットすら存在します。

 

コスト枯渇状態且つ敵に抜けられてしまった緊急事態などでも、そういった近接ユニットが一人でもいれば、とっさに差し込みで阻止できるという場面もあるかもしれません。

お守り代わりに1体くらい激安コストのユニットがいると意外と頼もしいものです。

 

そして元のコストが低いからと言って、決して弱いということはありません。

例えば道化師などはコストが低いユニットですが、それぞれ個性的な能力を保持しており、ユニットによっては爆発的な火力を生み出すことも可能です。

 

 

逆にコストがものすごく重いユニットのコスト下げは、個人的にはあまりオススメはできません。

一例として、雷神の娘レミィで考えてみます。

レミィは非常に強力なユニットですが、コスト52と超重量級のユニットです。

絆聖霊を使用して、コストを下限まで下げたとしても52→49と依然として激重のままです。

 

そもそもレミィのような激重コストユニットを運用される方であれば、強力なコスト稼ぎ要員を備えておられるでしょう。

そのコスト稼ぎユニットのコストを下げる方が、レミィのコストを下げるよりもトータルでお得なのではと思うのです。

 

4. 激しく強いユニット

俗にいうぶっ壊れと言われる性能を持つユニットなども、コスト下げに有効なユニットと言えます。

一例としては、人気闘兵でも1位を取っているようなユニットです。

ラピススーシェン金光聖菩などと言ったユニットが挙げられます。

これらのユニットは、自身が恐ろしい威力の技を持っている、バフがクソ強い、トークンがイカれているなどヤバい性能を持っているので、コストを下げることによる満足度が非常に高いです。

 

他にも起死回生の一手を持っているユニットや、英傑の塔などで活躍できるレベルのユニットなどもコスト下げに適していると言えます。

 

5. 推しユニット

自分が好きなユニットのコストを下げる、実に正統派のコスト下げと言えます。

 

好きだからコストを下げる、強さなんて関係ない!という強い意思のもと、コストを下げましょう。

コストを下げることで、使いやすくなるため更に愛着もわくはずです。

精神的満足度は恐らくNO.1なのではないでしょうか。

 

私はリノちゃんが大好きなので、当然のようにコストは下限にしております。

レアリティ ゴールドなので下げやすかったというのもありますね。

【アイギス】見習い召喚士リノの所感  ゴールドらしからぬ強さと可愛さ
今回は見習い召喚士リノについて所感を述べていきたいと思います。例によってレベルは最大まで上げた状態を前提としてお話しているため、その点ご理解頂け 

もう長い間倉庫番ですが、それでも最強に可愛いのでコスト下げをしたことに微塵も後悔などないのです。

推しユニットのコストを下げるとは、そういうことなのかもしれません。

 

実際に絆聖霊でコスト下げに挑戦してみて

先日、プラチナ絆聖霊が倉庫から溢れ出たため、実際にコスト下げに挑戦してみました。

【アイギス】絆の白金聖霊が溢れたので、激しくコスト下げをする!
溢れました(白目)不治の病、もったいない病を拗らせすぎてしまいました。それなりに入手機会が限られる絆聖霊ですが、めでたく絆の白金 

 

激しくコスト下げを行ってみて思ったことが一つ。

それなりに絆聖霊のレアリティが高いだけに、思った以上に精神負荷が大きいです。

一度大ハマりして頭皮に大ダメージを負うことになりました。

 

絆聖霊が消えた時のフォンの音が、技強化聖霊クリスティアのときよりも数倍ダメージがデカイ気がします。

そのため、絆聖霊を用いてコストを下げる場合は、「もうこれで終わってもいい」くらいの気持ちで挑戦するか、50体くらい消えても平気なくらい絆聖霊を集めてから挑戦するとよろしいかと。

失敗して絆聖霊が尽きてしまったら、潔く不貞寝しましょう。

 

 

コスト下げに尽きましては、結局のところ自身がプレイしやすく、且つ好きなユニットのコストを下げることが一番精神衛生上良く、結果的には満足度が高くなると思われます。

 

後はコストが上がらないで消えていくフォンの音が、できるだけ少なく済むことを神に祈るのみです。

 

皆様ができるだけ絆聖霊の消費を抑えてコスト下限を達成できることを、心よりお祈り申し上げます。

 

ご閲覧ありがとうございました。

 

コメント