【アイギス】特別エピソード見てますか? ちょっとした有効活用方法などご紹介

千年戦争アイギスをプレイされている王子の方々でしたら、既にご存知だと思われる特別エピソード。

第2回人気闘兵イベントより追加された機能ですね。

私もそれなりに長い期間プレイしている王子ではありますが、実はその存在を完全に記憶から抹消しており、特別エピソードを画面上で認識したのがつい最近という体たらく。

今更も今更なのです。

 

私のように特別エピソードの存在が記憶から抹消されている方や、人気闘兵イベントが開催されていない時期に始めらえた王子へ向けてこの記事でお話しできればと思います。

特別エピソードって何?、何か役にたつのか?という素朴な疑問をお持ちの方の解決糸口になれば。

 

よろしければお付き合い頂けますと幸いです。

 

 

スポンサーリンク

特別エピソードとは

特別エピソードとは、第2回人気闘兵決定戦イベントより追加された、特定のユニットに対して報酬として与えられたキャラストーリーのようなものです。

ランキングとは別に、特別に設けられた部門で上位に選ばれたユニットに与えられる報酬で、そのユニットにまつわるエピソードを閲覧することができます。

こんな感じに部門別で分かれており、その部門で該当の順位に入賞したユニットの特別エピソードが追加されます。

 

アイギスのストーリー面を楽しまれている王子、また各ユニットのキャラクター性に魅力を感じている王子にとっては、嬉しい機能の一つではないでしょうか。

それぞれのユニットのストーリーが掘り下げられているため、今まで興味がなかったユニットに対しても関心を持てる良い機会にもなると思います。

 

該当のユニットを所有していなくても、特別エピソードの閲覧は可能なのでご安心ください。

特別エピソードの見方

特別エピソードを見る方法です。

超簡単です。

 

①ホーム画面より、右側の交流ボタンを押下します。

 

②「特別エピソード」の項目を選択します。

 

③エピソードを閲覧したいユニットを選択しましょう。

 

④はいを選択し、特別エピソードを閲覧します。

 

⑤該当ユニットのエピソードが始まるので堪能します。

以上です。

 

特別エピソードの閲覧終了後に、王子ランクEXPを500獲得することができます。

この記事を書いている時点では、第2回までのエピソードまでしか見ることができませんが、後日第3回のエピソードも追加されることでしょう。

実装まで座して待ちましょう。

 

※R-18版の寝室のようにエッチッチなCGはありません。健全です。

R-18版をプレイされている王子はがっかりせず、純粋にストーリーを楽しむと良ろしいかと。

特別エピソードのちょっとした有効活用方法

ストーリーを楽しむ以外に、特別エピソードに活用方法なんてあるのか!?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

 

前述のとおり、特別エピソードを閲覧するとストーリーの他に王子ランクEXPを500獲得することが可能です。

通常この王子ランクEXPは、カリスマやスタミナを消費してミッションクエストをクリアすることで獲得できるものですが、この特別エピソードでも例外的に獲得することができます。

 

特別エピソードでのEXP獲得の活用方法としては以下が考えられます。

・あとちょっとでランクアップという時にカリスマが切れてしまった。時間はたっぷりあるけどランクアップのためにカリスマが回復する時間を待つのがだるい!

・ゲーム開始直後で、とにかく王子ランクを高めたい!

などの場合には割と有効に活用できるのではないでしょうか。

 

500EXPという数値はそれほど大きくはありませんが、ストーリーミッション 第3章 熱砂の砂漠 拠点争奪戦 前(消費カリスマ36 獲得EXP 514)のクリアに近い数値のEXPを獲得することができるため、結構バカにできません。

特別エピソードの数量もそれなりに用意されているので、何度かこの方法でランクアップすることも可能なのではないでしょうか。

より綿密かつ計画的にランクアップされていらっしゃる王子にとっては、微調整要因として活用されるのもよろしいかと。

 

※追記

6周年記念エピソードが追加されました。

該当ユニットは、ソーマ、アンナ、アリシアの3人です。

恐ろしいことにこの3人のエピソード、王子EXPが5000も貰えてしまいます。

ランクアップに大いに活用できること間違いなしです!

 

 

色々と書いてまいりましたが、特別エピソードはあくまでおまけのようなものです。

ゲームを楽しまれる一つのエッセンスとして、一役買ってくれるかもしれません。

王子諸兄(王女も)のアイギス生活がより良いものとなりますよう、上手にご活用ください。

 

ご閲覧ありがとうございました。

 

コメント