【アイギス】刻詠の風水士リンネの所感 複数同時回復+物理回避付与+身代わりトークンも使える超便利仙人様

今回は刻詠の風水士リンネについて書いていきたいと思います。

 

リンネは超便利ユニットとして、長きに渡り王子たちを支え続けています。

また人気闘兵でも毎度上位に食い込むほどの人気ユニットです。

今回はリンネの性能、運用方法などについてお話できればと思います。

 

よろしければお付き合い頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

リンネの基本性能

リンネはレアリティ ブラック、クラス 風水使いのユニットです。

入手方法はガチャ(恒常からは除外)と、ランク10、ランク25達成時に貰えるブラック選択チケットなどでも手に入れることができます。

リンネは味方の回復を行えるユニットです。

風水使いのクラス特性上、味方ユニットを複数人(覚醒前 2人、1次覚醒 3人、2次覚醒 風水仙人選択時4人)同時に回復することができます。

また地形影響効果の軽減、悪天候の時間の短縮などの効果も持ちあわせます。

 

単体回復力は本職のヒーラーよりは劣りますが、風水使いの良いところは複数同時回復が可能という点です。

敵の猛攻により複数の味方が同時にダメージを受ける場合などには、大いに活躍することでしょう。

リンネの好感度ボーナス

~100%

リンネの好感度ボーナスは攻撃力攻撃硬直

どちらも回復力、回復回数に大きく関係します。

リンネを運用するならば、まず獲得して損はありません。

101%~150%

リンネに選定された好感度上限解放のボーナスはHPです。

第二覚醒で風水仙人か八門風水道士を選択するかで有用性が分かれると思います。

八門風水道士を選択するならば、配置後5秒で隠密状態になるため、ほぼ死にボーナスとなります。

風水仙人であれば選択の余地はあると思われます。

リンネのスキル

スキル覚醒前 刻詠の業

60秒間、射程1.6倍で回復、範囲内の味方が物理攻撃を50%の確率で回避します。

効果範囲内の味方の回復と物理回避率50%を同時に付与します。

効果時間も60秒と長めなので、物理攻撃の敵が多数来るラッシュ時などは回復と避けるが同時に行われることにより戦線が保たれやすくなります。

スキル覚醒後 刻詠の宿業

自動発動+永続発動で射程1.8倍、範囲内の味方が物理攻撃を30%の確率で回避するようになります。

スキル覚醒前よりも、付与する物理回避率がやや落ちてしまいますが、効果時間が永続発動になります。

永続で広射程の範囲内を回復し続け、ついでに物理回避率30%も付与できるため、より安定した回復役として活躍できます。

 

この永続発動が2次覚醒と併せると大きなシナジーを生みます(後述)

リンネの第一覚醒

クラスは風水使いから風水道士に変わります。

同時回復人数が2人から3人、地形影響軽減が30%→70%に増加します。

アビリティ

避禍予見の鏡影特殊なトークンを使役可能
トークン配置中に味方のHPが0になると
身代わりにトークンが撤退し
対象の味方がHP最大で復活

第一覚醒により、身代わりトークンを使役できるようになります。

コスト10で配置可能、出撃人数には含まれません。

このトークン自体に回復、攻撃性能はなく、HPも1000と高くはなく、HPを回復する手段もありません。

できるだけ敵の攻撃を受けない位置に配置しましょう。

トークンはリンネと似ていますが、真っ白なので違いはみて分かります。

リンネがぶっ壊れと言われる1つの要因がこのトークンの存在です。

1度キリではありますが、味方がやられてしまった場合にHP全快で復活可能なため、保険でも配置しておけば星を落とす確率がグーンと落ちます。

 

継続ダメージのあるステージでは、気づいたらいなくなっていることも。

配置のタイミングと場所は見計らう必要があります。

リンネの第二覚醒

第二覚醒は「風水仙人」と「八門風水道士」の二択になります

風水仙人地形の影響を70%軽減
悪天候の時間を50%短縮
範囲内の味方4人まで同時に回復
八門風水道士地形の影響を70%軽減
悪天候の時間を50%短縮
味方3人まで同時回復
スキル中のみ遠距離攻撃の対象にならない

風水仙人が防御力(+135)と射程+20、八門風水道士が攻撃力(+50)といった感じでステータスが上昇します。

 

私は既に第二覚醒を行っているため、選択したほうを詳しく書いていきます。

私は八門風水道士を選択しました。

選択の最たる理由としては、スキル中のみ遠距離攻撃の対象にならないという部分です。

リンネはスキル覚醒するとその効果は永続発動するため、この対象にならないという部分と非常に相性が良いです。

 

またリンネはブラックユニットなので配置5秒でスキル効果が発動します。

つまり配置後5秒でリンネ自身が隠密状態+広範囲3体同時回復+範囲内物理回避率30%付与となかなかヤバい能力を発揮します、それも永続で。

爆風などの範囲攻撃以外ではリンネが倒されることがほぼなくなるため、スキルが発動する最初の5秒間だけ気を付ければ、後は放っておいても上記の効果を撒き続けます。

 

どちらを目指した方がよいかと言われれば、私の場合は八門風水道士をオススメしたいです。

風水仙人で4人同時回復も魅力的ではありますが、別に回復ユニットをもう一体用意するなどで対処できますしね。

リンネの長所、短所

リンネの長所

超便利ユニットの筆頭戦士です。

とりあえず配置しておけば、安心感が半端ではありません。

複数回復+範囲内物理回避率付与を同時に行え、選択によっては自身は隠密化して、味方が復活できるトークンまで使役できます。

盛りすぎ。

 

スキル覚醒により射程範囲も大幅に広くなるため、どこに配置しても大体の場合は回復範囲に収めることができます。

近距離勢を何も考えずに配置してもカバーできるくらいの包容力。

 

本領が発揮されるのが第一覚醒を行ってから(トークン使役可能)という点もありますが、複数人同時に回復できるという利点から、覚醒前でも十分に運用可能です。

育て切ればもう便利すぎて超便利です(語彙力行方不明)

リンネの短所

風水使いということで、リンネ自身の攻撃力(回復力)自体はそれほど高くはありません。

その点だけは過剰な期待を持たないことが大事です。

 

ただほとんどのステージでは、リンネの回復だけで間に合う程度には回復力はあります。

魔神などの高難易度ミッション時には、リンネ単体での回復量では追い付かなくなるため、ダンサーを添える、複数の回復役を起用するなどの対応は必要になります。

 

八門風水道士+スキル覚醒による隠密効果も、超範囲爆風持ちの敵がいたりすると一緒に吹き飛ばされたりするので注意。

また強力なDot(継続ダメージ)持ちの敵が複数いる場合も、回復が追い付かずに削り切られる可能性もあります。

まぁリンネが吹き飛ばされるような超範囲爆風持ちの敵が登場するような難易度ステージだったり、リンネの回復が追い付かないほどのDot持ちがいるようなステージであれば、大概初見は星を落としがちですが。

リンネ無しは、もう考えられない

リンネがいるかいないかで、全ステージの難易度が大きく左右されるとまで言われてたり言われてなかったり。

実際使ってみるとその便利さ故に、リンネがいなかった頃の苦労がきれいさっぱり忘れ去られました。

そして一度編成に加えてしまったが最後、編成から外れることはなくなりました。

便利ぃ。

 

ランク10、25で貰えるブラックユニット選択チケットでも交換の筆頭と言われますが、それも納得です。

逆に初期の選択チケットでリンネを取らない方は何を取られているのか気になってしまいます。

まぁ個人の好みの問題なので、どのユニットをとっても楽しければ大正義です。

 

プレミアムガチャからは恒常落ちしてしまったようなので、持っていない方はピックアップ時を狙うか、ブラック選択チケットで取得してしまっても後悔はないくらいは有能です。

アイギス界隈ではそれをぶっ壊れと言います、リンネはぶっ壊れ。

まず間違いなく役に立ちます、そして腐る場面も現状ではまずありません。

持っているなら優先して育てて、あらゆる場面で楽をしましょう。

 

ご閲覧ありがとうございました。

コメント