【アイギス】常夏の兎司祭ポーラの所感 攻撃力3倍で超爆風攻撃&全体回復、あとスク水

今回は常夏の兎司祭ポーラについて書いていきたいと思います。

 

今や毎年恒例となりました水着ユニット。

その先駆けとなったユニットの一人、水着ポーラです。

水着姿でクッソ可愛らしいのですが、期間限定のユニットです。

 

世間様は夏の水着ガチャユニットの大量投入により賑わっているご様子ですが、私は回せるほどの神聖結晶を持ちわせておりません。

そのため、以前気まぐれに当てた唯一のガチャ産水着ユニットを引っ張りだしてきた次第でございます。

 

今回は常夏の兎司祭ポーラの性能、運用方法についてお話できればと思います。

よろしければお付き合い頂ければ幸いです。

 

スポンサーリンク

常夏の兎司祭ポーラの基本性能

常夏の兎司祭ポーラはレアリティ プラチナ、クラス ビショップのユニットです。

入手はガチャ限定となります。

サマー属性を持つ水着ユニットのため、夏に復刻の可能性があるユニットです。

 

遠距離マス配置で防御力無視範囲攻撃ができます。

クラス特性としてアンデッドの敵に対して、攻撃力が上がる特攻効果を持ちます。

 

アビリティとして冒険者の服【夏仕様】を持っており、自身の防御力が20%下がるかわりに出撃コストが-2になる効果を持ちます。

まぁ…水着姿ですから、防御力に関しては期待すんなってことですかね。

見た目は、んまー、あざといですね(歓喜)

 

常夏の兎司祭ポーラの好感度ボーナス

~100%

常夏の兎司祭ポーラの好感度ボーナスはHP攻撃力

防御力が非常に低いユニットですから、生存率を高めるためにもHPは少しでも高い方が良いですし、各種攻撃性能に尖る部分を有しているので基礎攻撃力の数値が上がるのは大歓迎です。

 

101%~150%

常夏の兎司祭ポーラに選定された好感度上限解放のボーナスはスキル再使用時間です。

水着ポーラのスキルは覚醒前、覚醒後ともに割と軽めではありますが、好感度150にすることで更に回転率を高めることができます。

メイン運用を考えるのであれば、150まで上げても良いボーナスです。

 

常夏の兎司祭ポーラのスキル

スキル覚醒前 ヒール&ファイア

30秒間、攻撃力0.6倍、味方1体への回復と敵への範囲攻撃魔法を同時に使用します。

 

攻撃力の減少倍率は0.6倍と大き目ですが、範囲内の味方1体の回復と範囲攻撃魔法を同時に行うことができる器用なスキルです。

初動7秒、再使用12秒(好感度150)と非常に軽いです。

 

スキル覚醒前の状態ですと、メイン火力というよりは、回復役や攻撃役の補助としての運用といった使い方も考えられます。

 

スキル覚醒後 真夏の究極魔法

攻撃力3.0倍、一度だけ味方全員を回復し、範囲2.0倍の強力な攻撃を行います。

 

素の状態で攻撃力3840と高水準のヒール&広域範囲攻撃を行います。

初動15秒、再使用24秒(好感度150)と回転率も悪くありません。

ここぞ!というタイミングで使用するのも良いですが、次弾の装填の速さから、頻発しても良いレベルの使いやすさです。

 

爆風範囲はかなりの広範囲です。

着弾点から、右上のゴブリンまで吹き飛んでいるのがわかります。

この威力でこの範囲の攻撃であれば、小型のザコ集団を一掃できるでしょう。

 

常夏の兎司祭ポーラの第一覚醒

クラスはビショップからエルダービショップへ変化します。

アンデッドタイプの敵に対しての攻撃力が1.2倍→1.4倍に上昇、全員のHPが秒間30回復するリジェネ効果を得ます。

スク水!

 

アビリティ

伝説の魔導水着自身の防御力が30%減少するが
攻撃力10%、出撃コスト-3

見た目がスク水(?)になることで、更に防御力の低下を招いてしまいますが、攻撃力10%、出撃コスト-3と伸びる部分も大きいです。

スク水は伝説の装備だった!?

 

常夏の兎司祭ポーラの第二覚醒

第二覚醒絵はまだありません…はよ。

 

常夏の兎司祭ポーラの第二覚醒は「フィロソファー」に分岐します。

 

攻撃力は1200を超え、エンジェル系+アンデッド系への特攻も得ることで、攻撃面で尖っていきます。

防御力は第一覚醒から2しか上がっておらず、相変わらず紙装甲です。

もうこれはどうしようもないため諦めます。

 

エンジェル系の敵への攻撃力1.3倍を得る代わりに、アンデッド系の敵に対しての攻撃力が1.4倍→1.3倍と減少しております。

特攻種族が増えたので使いやすさは増しましたが、性能的には若干まろやかになった感じですかね。

 

常夏の兎司祭ポーラの長所、短所

常夏の兎司祭ポーラの長所

実際使ってみると、スキル覚醒は面白いの一言です。

バカ広い爆風範囲、味方全体に対する3000超えの回復を同時に行える上に、スキル回転率もよろしいと、カタログスペック以上に使いやすい性能となっています。

 

第二覚醒で攻撃性能が更に尖るため、主力として考えるのであれば第二覚醒まで視野に入れた育成をするとよろしいかと。

 

魔法耐性は25と割と高めなので、魔法攻撃主体のステージであれば多少は持ちこたえると思われます。

また秒間30回復のリジェネを持っているので、チーム全体の継戦能力を高めることができます。

 

常夏の兎司祭ポーラの短所

防御力の低さが突出して目立ちます。

水着ですからね、仕方ないね。

 

アビリティにより出撃コストは最大で-3まで下がりますが、それでも32とやや重め。

序盤での展開はそれなりに難しいです。

 

スキル覚醒前では攻撃倍率が0.6倍と大きく下がるため、主力というよりは補佐役という役割が待っています。

悪く言えば器用貧乏化してしまうという感じでしょうか。

回転率は非常によろしいので、用途に合わせた運用で十分生きると思われます。

 

あざとさの化身 水着ポーラ

ただの水着ユニットで留まらず、スク水に進化するという隙のない布陣。

あざとさが具現化したかのような存在、それが水着ポーラなのです。

 

2020年7月22日(水)に復刻予定のため、倉庫に眠っていた水着ポーラを引っ張り出してきました。

むしろ初登場が2017年8月だったことを考えると、3年も放置していたことに対して反省するべきです。

 

水着ポーラは夏限定の復刻ユニットです。

入手時期を逃してしまった王子はしばらく(1年間)は手に入れることができないという仕打ちも受ける、罪深いユニットでもあります。

それは水着ユニットの宿命でもあります。

 

いまのところ毎年復刻されていると思われますが、いつ復刻ラインナップから外れるかは神のみぞ知るなのです。

少しでも琴線に触れたのであれば、後悔の無い選択をとることをオススメいたします。

( ゚∀゚)o彡゜( ゚∀゚)o彡゜

 

ご閲覧ありがとうございました。

 

コメント