【アイギス】祝祭の南瓜姫ミサの所感 ミサは何度でも蘇るさ、トークンさえあればね

今回は祝祭の南瓜姫ミサについて書いていきたいと思います。

 

登場からしばらくの間は覚醒が与えられなかったりと、長きに渡ってそれなりに不遇と言える扱いを受け続けてきたミサ。

かわいいのに、なんでや!と悲しみに打ちひしがれたものです。

 

ですが先アップデートにより苦難を乗り越え強化されました。

私もミサの強化には喜びを感じる勢の一人です。(強化されたのは半年くらい前の話ですが(汗))

クラス特性なども合わせて、なかなかユニークな性能を保持しております。

今回はミサの性能、特性なども交えてお話しできればと思います。

当ページではあくまで覚醒後の運用を想定しているため、覚醒前のトークンについては特に触れておりません。ご了承ください。

 

よろしければお付き合い頂ければ幸いです。

 

 

スポンサーリンク

ミサの基本性能

ミサはレアリティ ブラック、クラス イビルプリンセスのユニットです。

入手はガチャからのみとなります。

通常時はブロックは1の近接ユニットです。

配置段階で攻撃力、防御力ともに1000を超え、魔法耐性も25となかなかの高ステータスです。

 

クラスの特性により、他者からHP回復効果を受けることができません。

一度配置したら使い切りのユニットとなりますが、アビリティ効果によりトークンを身代わりにして、HP全快で復活することができます。

 

敵のHPが減れば減るほど、与ダメージ(攻撃力という説も?)が増すという特性も持ちあわせています。

またスキル使用時に敵全体の現在HPを10%減少させます。

魔界での能力低下がないため、魔界ステージでは適性があります。

 

イビルプリンセスというクラス自体が、色々と効能盛りだくさんですね。

ミサの好感度ボーナス

~100%

ミサの好感度ボーナスは攻撃力防御力

高いステータスで敵をガンガン削るミサには適切なボーナスかと。

運用するのであれば、上げておいて損はないでしょう。

101%~150%

ミサに選定された好感度上限解放のボーナスは攻撃硬直です。

こちらもできるだけ攻撃回数を増やしたいミサにはありがたいボーナスです。

ミサをメイン戦力として考えるのであれば、取得も検討されてみては。

ミサのスキル

スキル覚醒前 死剣ミュルグレス

40秒間、攻撃力と防御力が2.5倍になり、相手が人間の場合更に攻撃力が1.5倍になります。

スキル使用ごとにトークン所持数を1回復します。

ブラックユニットなので、初回配置後に1秒でこの高ステータスを引き出せる利点があります。

再使用まで40秒と長めではありますが、素のステータスの高さもあり、攻撃力と防御力2.5倍はかなり強力です。

スキル覚醒後

配置後5秒で永続発動、攻撃力2倍になり、ブロック0の遠距離攻撃を仕掛けます。

相手が人間の場合更に攻撃力が1.5倍になります。

スキル使用ごとにトークン所持数を1回復します。

スキル覚醒により攻撃力の倍率が下がり、防御力バフが無くなりますが、0ブロック遠距離攻撃に切り替わります。

ただ見てのとおり、射程範囲はそれほど広くはありません。

配置位置によって、良くも悪くも仕事ぶりが大きく変わるでしょう。

 

0ブロック化するため、遠距離攻撃を保持しない近接の敵はミサにダメージを与えることができず、通りすがりに切り刻まれる羽目になります。

クラス特性のHP回復を受けられないという点を、ある程度はカバーできる利点があります。

 

 

覚醒前、後のどちらのスキルも対人間に特攻効果を持つため、人間ユニットが多数出るようなステージ(対帝国戦)などで特に活躍が期待できそうです。

ミサの第一覚醒

クラスはイビルプリンセスからイビルクイーンに変わりますが、特に効力に変化はありません。

アビリティ

身代わりキング出撃人数に含まれず、
配置中にミサのHPが0になると
身代わりにトークンが撤退し
ミサがHP最大で復活する
トークンを使役可能

第一覚醒によりトークンがジャック(近距離0ブロック)からキング(遠距離)に変わります。

トークン所持数は3、出撃コストも5とかなり配置しやすくなりました。

ステータスは攻撃力600、防御力500で、射程内の敵を同時に攻撃します。

このトークンは出撃人数に含まれません。

ただものすごい強い!というほどではないため、過信は禁物。

エフェクトかっこいい。

そこまで火力は高くはないので、後方で取りこぼした死にかけの敵を処理することが多いかも。

 

アビリティの説明にあるとおり、パンプキンキングの最大の仕事はミサの身代わりになることです。

ミサがスキルを使用するたびにトークンの所持数が+1されるため、その数だけ復活することができます。

ミサの第二覚醒

第二覚醒は「イビルシーカー」と「デスブリンガー」の二択になります。

イビルシーカー

デスブリンガー

 

第一覚醒からの能力値の上昇は以下となります。

イビルシーカーHP+945、攻撃力+40、防御力+130
デスブリンガーHP+270、攻撃力+148、防御力+26

イビルシーカーは主にHP防御面、デスブリンガーは攻撃面で数値が伸びているようです。

いずれもミサの能力が大きく上昇します。

 

選定の基準の一つとして、スキル発動時に現在の敵のHP残量から%で減少させるという部分です。

イビルシーカーは15%、デスブリンガーなら10%減少とあります。

ミサはスキルを覚醒させると効果が永続となるため、このHP減少効果が初回発動のみとなります。

また覚醒により近接攻撃から遠距離攻撃に変わるなどの変化も起こります。

ミサがスキルを覚醒しているか否かでも大きく左右されそうです。

スキル発動によるHP減少の恩恵を考えるのであれば、イビルシーカーに軍配が上がると思われます。

 

もう一つの判断基準としては、それぞれが持つ特性でしょうか。

イビルシーカーは状態異常無効、デスブリンガーは敵HP残量に応じ与ダメージ大アップです。

ご自身の運用スタイルやミサの運用方法を考えたうえで適した方を選択されるのがよろしいかと。

 

 

ちなみに私はデスブリンガーにする予定です。

ミサの攻撃面での性能を伸ばすとともに、敵HP減少時の与ダメージ大アップで更なる火力向上が見込めると思われます。

敵のHPが減るほどダメージの増加が望めるため、追い打ちができるという点も良さげだと思います。

 

イビルシーカーによる状態異常無効も魅力的ではありますが、ミサはトークン運用によるゾンビアタックが可能な点も強みだと思います。

落ちたら次のミサに託すという点でデスブリンガーのほうが運用しやすいものと考えました。

個人的な意見としては見た目的にもデスブリンガーの方が、なんとなくミサのイメージに合っているというのも大きいです。

ミサの長所、短所

ミサの長所

単体攻撃型のユニットのため爆発的な処理能力はありませんが、スキル覚醒で0ブロック遠距離攻撃を獲得できるため、遠距離攻撃を保持しない近接の敵に対しては一方的にボコることができます。

 

メイン火力というよりは、メイン火力に到達する前の削り要員として採用するとしっくりきそうです。

スキル使用のたびに敵の現在HP10%減少効果なども効果的です。

ステータス自体がかなり高いため、削り要員としては十分すぎる火力を有しています。

身代わりトークンにより、復活ができる保険があるというのも安心感たっぷりです。

 

対人型であればスキル使用で更に1.5倍というのも強力な利点です。

人間の敵が多い帝国との模擬試合などでは、もりもり敵を削ってくれることでしょう。

ミサの短所

HP回復ができないため、ずっと場に居座り続けるというのは、なかなかに難しいかもしれません。

 

復活後の再配置時はスキルの点火までかなり長い時間(30秒?)を要するため、スキルを使うことができずにその間に何度も落ちて、トークンを使い果たすということが懸念されます。

トークン自体もそこまで強力ではないので、トークンが先に落ちて復活できないなどということにならないように注意が必要です。

 

トークンごと倒されてしまうような強力な範囲攻撃を持っている敵や、圧倒的物量のラッシュの前では、復活のサイクルを潰される可能性もあります。

ミサとトークンは近くに配置せず、トークンは敵の攻撃の届きそうにない後方に配置しておくなどの対処は必要かもしれません。

ミサ、強くなって本当に良かった

アップデートによりかなり強化がされたとのことだったので、いい機会なので育ててみました。

せっかく当てたブラックユニットなのに、育てないというのも非常に勿体ないですしね。

 

私も入手してからしばらくの間は、上記の理由により第二兵舎にて眠っていたユニットではあります。

というか、入手したこと自体も忘れてホコリを被ってしまっていた始末。

罰が当たりますね。

 

ですが実際育てて運用してみると、かなり使えるユニットであると考えを改めました。

見た目はものすごい可愛いので使いたい!、でも性能がなぁ・・・と思っているうちに1年以上経過していたという経緯があるだけに、強化で使えるようになったのは非常に嬉しくもあります。

 

ガチャ限定且つブラックユニットのため、なかなか難しいかもしれませんが、入手できたのであれば育ててみても面白いかもしれません。

宜しければ育成されてみてはいかがでしょうか。

 

ご閲覧ありがとうございました。

 

コメント