【アイギス】一角獣騎士クリッサの所感 段階強化+敵撃破時コスト回復2倍で、場に居座り続けつつコスト稼ぎ!

今回は一角獣騎士クリッサについて書いていきたいと思います。

 

千年戦争アイギスのサービス開始当初よりいる、最古のブラック ワルキューレです。

私事ではありますが、アイギスを始めて初めて入手したブラックユニットでもあるので、それなりに思い入れもあります。

 

初期のユニットではありますが、現状でも十分に役に立つ場面があります。

今回はクリッサの性能、運用方法などについてお話できればと思います。

 

よろしければお付き合い頂ければ幸いです。

 

 

スポンサーリンク

クリッサの基本性能

クリッサはレアリティ ブラック、クラス ワルキューレのユニットです。

現在ではプレミアム召喚から除外されてしまったため、入手したい場合はピックアップなどで登場している時に狙います。

 

通常時は近接1ブロックユニットで、近接専門職のブラックユニットだけあってかなり高い数値を保持しています。

クラス特性として敵を倒すと出撃コストを回復させます。

また撤退時に自身の出撃コスト分だけコストを回復(覚醒前70%、第一覚醒100%)させます。

 

アビリティ効果により、確率(覚醒前20%、第一覚醒30%、第二覚醒スキル発動中40%)で防御力、魔法耐性無視攻撃を出すことができます。

発動率は低くはありませんが、あくまで確率なので過度な期待はせずオマケ程度で考えると良いと思います。

クリッサの好感度ボーナス

~100%

クリッサの好感度ボーナスは攻撃力防御力

前線で敵を処理しつつコストを稼ぎ出す役目を担うクリッサにとっては、どちらも重要なステータスです。

メイン運用なら取得したほうが良いでしょう。

101%~150%

クリッサに選定された好感度上限解放のボーナスはスキル再使用時間です。

勝利のルーンによる強化を念頭に置くと、スキルクールタイムの時間をできるだけ減らすことでクリッサが強い時間をより長くできます。

主戦力としてカウントするのであれば、獲得も考慮してよいかと。

クリッサのスキル

スキル覚醒前 回復Ⅳ

HPが最大値の70%回復します。

非常にわかりやすい効果です。

緊急時に点火することで瞬時に7割回復することができます。

ブラックユニットの特権、配置後1秒での発動、再使用まで20秒とスキル回転率も悪くないので、上手に活用すればより場に居座り続けることができるでしょう。

スキル覚醒後 勝利のルーン

30秒間、攻撃と防御1.8倍、敵撃破時コスト回復2倍、自身のHPを徐々に回復、効果終了時にスキルが強化されます。

 

クリッサの覚醒スキル 勝利のルーンは、段階強化型によりクリッサ自身を強化+コスト稼ぎ能力の強化するスキルです。

1段階目 30秒 攻撃と防御が1.8倍

2段階目 30秒 攻撃と防御が2.4倍

3段階目 30秒 攻撃と防御が3.0倍

最終段階になると、攻撃力、防御力ともにかなりの高数値になり、最前線でも戦い抜ける性能まで成長します。

自身のHPが徐々に回復(1秒60回復)効果も相まって、よほど一撃が重い相手出ない限りは場に残りやすくなるでしょう。

注意点としては、能力の上昇はスキル点火中のみのため、スキルが切れている時間で強敵を受けると決壊の恐れがあるというところでしょうか。

 

コストについては通常1コストのところを、覚醒スキル中は2倍稼げるようになります。

スキル中は一撃の攻撃力が重いので、小型の敵であればガンガン処理できるので、コストをモリモリ稼いでくれます。

通常時

スキル中

小型ラッシュ時などに展開しスキル点火すると、素早い自軍形成の役に立ちます。

クリッサの第一覚醒

クラスはワルキューレからブリュンヒルデに変化します。

撤退時に回復するコストが70%→全回復に変化します。

アビリティ

炎の戦槍30%の確率で防御力、魔法耐性無視の攻撃を出せる
スキル中は発動率が100%に上昇

確率で防御力と魔法耐性無視の攻撃、つまり貫通攻撃を繰り出せます。

 

※追記

バランス調整により、スキル中はアビリティ効果の発動率が100%に変更されました。

つまりスキル発動中は、100%貫通攻撃ということですね。

より使いやすくなったと思われます。

 

クリッサの第二覚醒

クリッサの第二覚醒は「レギンレイヴ」と「ゲイレルル」の二択になります。

レギンレイヴ敵を倒すと出撃コスト回復
撤退時にコスト全回復
魔法耐性が上昇
攻撃後の待ち時間を少し短縮
ゲイレルル配置ユニット0の時出撃コスト-3
敵を倒すと出撃コスト回復
撤退時にコスト全回復
ブロックした敵全員を攻撃できる

ステータス面で比較すると、レギンレイヴの方が伸びますが、ゲイレルルはブロック数が+1されますね。

出撃コストはレギンレイヴ+2、ゲイレルル+3とゲイレルルの方が1重くなるようです。

 

 

私は既に第二覚醒を行っているため、選択したほうを詳しく書いていきます。

私は「ゲイレルル」を選択しました。

 

配置ユニット0の時に出撃コスト-3、まさに初手に出してコストを稼ぎなさいと言わんばかりです。

覚醒スキルが段階強化スキルという点も考慮すると、早い段階で配置することでクリッサが強い時間が増えるので実に噛み合っています。

 

実際ゲイレルル クリッサはコスト稼ぎユニットとしては結構優れており、初手の雑魚ラッシュとの相性も非常に良いです。

覚醒スキルの点火により、多少強い敵が来ても高火力で溶かしつつ、コストをガンガン稼ぎだすことができます。

ブロック数が+1されたことにより、小型を複数抱えて同時に処理し、更にコストを稼ぎ出しやすくなっているのも優れていると思います。

 

レギンレイヴではステータス面が大きく上昇し、攻撃後の待ち時間短縮という点で見ても対単体性能が大きく向上するものと見られます。

中、大型との対峙 or 小、中型のラッシュ捌き+コスト稼ぎ要員として運用か、お好みで選択されるのがよろしいかと。

 

レギンレイヴのステータス向上で、ゲイレルルのブロック数を保持していたらベストだったのですが、世の中そうはうまくいきませんね。

 

クリッサの長所、短所

クリッサの長所

スキル覚醒することで、スキル中高ステータス+コスト稼ぎ能力2倍とコスト稼ぎ要員としての力を発揮します。

第二覚醒でゲイレルルを選択すると、ブロック数向上で更にその効果は+です。

 

バランス調整により、アビリティ効果の確率30%で防御力、魔法耐性無視攻撃が発動する効果が100%に変更されたことにより、スキル発動時の火力が常に貫通攻撃になりました。

火力役としての安定感も更に増したことでしょう。

 

序盤からガンガン敵を処理していきますが、覚醒後のスキルは段階型強化型スキルなので、後半でも十分な戦力になり得るまでステータスが成長します。

場に居座り続けながら、コストを稼ぎつつ敵も処理できる、実に頼もしいユニットです。

 

大討伐などの長時間戦闘を行うステージなほど、その性能を如何なく発揮することができるはずです。

 

クリッサの短所

ゲイレルルによるブロック+1が欠点のなる場合も考えられます。

高火力の敵を2体抱えてしまうと、一気に削り取られる恐れもあるので良し悪しです。

あくまで雑魚処理&コスト稼ぎ要員として考えると、高火力高防御の優秀なユニットです。

 

スキル中は能力が大きく向上し、強化が最大段階に達すると高ステータスになるので、強敵ともガチで殴りあうことができます。

ただスキルの切れ目でスキルが切れると、元のステータスに戻り急激に死のリスクが高まります。

ある程度のリスク管理をしながら、ヤバいと思ったらすぐに撤退するようにすると事故率は下がるかと思われます。

過信は禁物です。

クリッサ入手から、随分長い年月が経ちました

クリッサだ!から随分と長い月日が流れました。

気が付けば私も古参の王子。

これだけ長い間プレイできるゲームというのもすごいなと、クリッサの記事を書いていながら思いました。

 

第二覚醒により、コスト稼ぎ要員としてもかなり役に立つようになりました。

大討伐時は最前線でガンガン敵を倒してコストをモリモリ稼ぎますからね。

能力も大幅に向上しましたし、入手当初から考えると大出世とも言えます。

今でもたまに大討伐や大総力戦などで編成に組み込んだりします。

 

現状ではプレミアムガチャ落ちしてしまったので、ピックアップ時でないと入手できないのが難ですが、入手できたのであれば育ててみても面白い性能だと思います。

 

ご閲覧ありがとうございました。

 

コメント