【アイギス】獣耳の射手キャロップの所感 永続3連射攻撃 or 該当ユニット攻撃バフの選択

今回は獣耳の射手キャロップについて書いていきたいと思います。

 

けも耳アーチャーのキャロップ。

アーチャーの中でも高めの能力を保持しているようですが、スキルの方向性によって運用方法も大きく変わり、戦い方の幅がひろがる可能性を秘めています。

今回はキャロップの性能、運用方法についてお話できればと思います。

 

よろしければお付き合い頂ければ幸いです。

 

 

スポンサーリンク

キャロップの基本性能

キャロップはレアリティ プラチナ、クラスアーチャーのユニットです。

入手はガチャ限定となります。

遠距離単体攻撃で攻撃を行います。

防御力ではやや不安がありますが、攻撃力は高く射程も広いので、配置場所に注意すれば安定した削り役として仕事ができるユニットだと思います。

獣人属性つきなので獣人パでも起用されている方もいらっしゃるご様子。

 

クラス特性として飛行ユニットを優先的に攻撃し、飛行ユニットに対して特攻効果で攻撃することができます。(覚醒前1.2倍、第一覚醒1.4倍、第二覚醒1.9倍)

キャロップの好感度ボーナス

~100%

キャロップの好感度ボーナスは攻撃力防御力

削り役としての攻撃力は必須項目、防御はクラス的に低いため補うという形でもあるほうが良いです。

いずれも腐ることはないボーナスと言えます。

101%~150%

キャロップに選定された好感度上限解放のボーナスは射程です。

アーチャーと射程の相性は抜群です。

更に遠くから安全に攻撃できるようになるため、余力があるのであれば獲得も悪くないと思います。

キャロップのスキル

スキル覚醒前 世界樹式弓術訓練

30秒間、射程1.5倍、全アーチャー系、全ボウライダー系ユニットの攻撃力が1.4倍になります。

上部画像の通り、スキル中のキャロップの射程はかなり広範囲となります。

またアーチャー、ボウライダー系のユニット全てが攻撃力1.4倍になるため、それらのユニットを多く含んだ編成にすることで効果的にスキルの恩恵を受けられるでしょう。

一斉点火による火力増加で敵を一気に削るといった運用もできそうです。

スキル覚醒後 トリプルショットΩ

射程が1.3倍になり最大HPが永続的に30%減少しますが、効果時間無限で3連続で矢を発射できるようになります。

射程が1.3倍に伸び、永続で3連撃で攻撃できるようになります。

該当クラスへの攻撃力バフを失い、若干の射程減少もありますが、高めの攻撃力で永続的に3連射を行えるのはかなり強力です。

 

最大HPが30%下がるので、手痛い一撃を喰らうと落ちる可能性があるのは、常に頭の片隅においておく必要がありそうです。

 

スキルの覚醒前後でスキル効果の方向性が全く異なるため、キャロップを主軸とするか援護役とするかで運用方法が大きく変わります。

キャロップの第一覚醒

クラスはアーチャーからアルテミスに変わります。

飛行ユニットに対する攻撃力が1.2倍から1.4倍に上昇します。

アビリティ

フラワリングアロー発射する矢の速度が少し上昇し
飛び道具を無効化されない

若干の攻撃速度上昇と、飛び道具が無効化されない効果が第一覚醒により追加されます。

キャロップの第二覚醒

第二覚醒絵はまだ用意されておりません。はよ。

 

第二覚醒により以下のクラスに変更されます。

セレーネ飛行ユニットを優先して攻撃
飛行ユニットに対し攻撃力1.9倍

キャロップはセレーネが選択されます。

 

第二覚醒でセレーネが選択されたことにより射程+20、飛行ユニットへの攻撃が1.4倍→1.9倍されます。

更に広範囲かつ飛行ユニットに対して有利に戦えるようになります。

通常使いでも殲滅力が大きく恒常しますので、メイン運用を考えるのであれば是非とも第二覚醒しても良さそうです。

キャロップの長所、短所

キャロップの長所

覚醒スキル発動まで45秒耐えれば、その後は通常攻撃が永続で3連射で敵を攻撃し続けることができます。

射程もそれなりにあるので、通常の雑魚処理から、対ラッシュ性能の向上まで幅広く強化されることになるでしょう。

特に空中の敵が多数来る際に力を発揮できると思います。

 

覚醒前スキルも、該当クラスの攻撃力を一斉に強化するバフなうえに自身の射程範囲も大幅に上昇するので、編成次第では全体的にかなりの火力を有することになると思います。

スキル覚醒前後ともに編成の方向性によって、火力ユニット、バフユニットのどちらとしても活躍できる性能を保持しています。

キャロップの短所

覚醒前の全体バフと比較して、早い段階での自身を含めた全体的な高火力を選ぶか、覚醒スキル発動後の自身の継続した高火力を選ぶかで好みが分かれそうです。

 

スキル覚醒による最大HP30%減少効果により、もともと低いHPが更に低くなるため、強力な遠距離攻撃で即死する可能性もでてきます。

遠距離ユニット配置の基本に沿って、できるだけ攻撃を受けない位置への配置、配置の手順などによる被弾率の低下を優先的に考える必要はありそうです。

キャロップは可能性の獣耳

最初見た時は犬耳かな?とおもいましたが、なんか鹿の角みたいなのもついているし、でも全体的に白が多めの服装だからウサギっぽくも見えるし、これもうわっかんねぇな!寝よう!となったこともありました。

しかし交流を見ていたら兎耳に誓う!みたいなことを本人が言っていたので兎耳のようですね。

やったぜ。

まあ犬でもウサギでも、けも耳なら何も問題はありません。

可愛ければ正義なのです。

 

スキル覚醒前後で運用方法も大きく変わりそうなことから、編成するメンバーも変えることで全体的なパフォーマンスも大きく変わることでしょう。

弓軍団による高火力弓の雨あられでも面白いですし、キャロップにバフをモリモリにして固定砲台化も面白いと思います。

キャロップは可能性の獣耳。

言いたいだけですね。

 

キャロップを狙って獲得したいのであれば、ガチャにてピックアップされている時に狙うのがよろしいかと。

編成にも幅の広がりが出る可能性を秘めるユニットなので、入手出来たら育ててみても面白いと思います。

 

ご閲覧ありがとうございました。

 

コメント